PRESS RELEASE

2018.05.7

FacebookアドテクツールにAIを搭載、クリック高確率な見出しを自動生成 広告自社運用『ADシェフ』が機能拡張、ABテストで効果測定も

自社開発のアドテクノロジー(※)ツール『ADシェフ』にAIを搭載する機能拡張を行い2018年5月10日よりサービス公開いたします。

『ADシェフ』はビジネスシーンでも人気のSNS『Facebook』の広告運用を自社内で行うことができるツールです。SNSの広告運用はバナーの制作、配信対象のユーザー選定、入稿作業や効果測定など大変な手間がかかり、代理店に運用を発注すると高額な運用費がかかるため多くの企業の悩みの種です。『ADシェフ』はそうした雑務を効率化し、自社運用することで外部コストを抑えられるツールとして好評を博しています。

この度の改修でAIを取り入れたことにより、広告の見出しタイトルが自動生成される機能が追加されました。リンク先に指定されたURLからAIがクリックされる確率が高いタイトル候補を自動的に複数作成します。

広告のキャッチコピーは集客の要と言えますが、人の印象に残るようなキャッチコピーを作るのは難易度の高い作業です。AIが様々なロジックに基づき作成するコピーはABテストにも使用でき、広告効果の測定も自社で行えます。

※インターネット広告の配信およびその最適化に利用される技術

 

手作業での広告運用は細かい作業が多く、内製の場合は担当する社員の労働工数がかさむことが多くなりますが、『ADシェフ』を使う事で大幅な効率化が見込めます。

弊社では今後もあらゆる企業に向け、インターネット広告の社内運用効率を促進していくアドテクツールを提供していきます。