BLOG

エンジニア 会社ブログ

ビジネスが進化しているので会社も会社員も変わらなければいけない

LINEで送る
Pocket

こんにちは。株式会社パーソンリンク代表取締役CEOの葛山です。

本題に入る前に私が好きなサッカーの話を少しします。
最近はサッカーの試合が少ないので何年も前の過去の試合を観たりしているのですが、昔と今でサッカーの戦術が変わっているというか、進化を遂げていることを感じることができる為、とても面白いです。

サッカーのポジションを荒く説明するとこんな感じです。
フォワード:前に位置していて得点を取る選手
ミッドフィルダー:中盤にいて攻守の切替や試合の流れを作る選手
ディフェンダー:自陣にいて相手が攻めてきたときに守る選手
ゴールキーパー:ゴール前にいてゴールを守る唯一手を使うことができる選手

サッカーは11人で行うスポーツであり、このようにポジションに応じた役割があったのですが、ある時から「数的優位」というものを強く意識するようになります。
「数的優位」とは、ある戦況で人数が上回っている状況を作り出したチームが、その戦況を制する可能性が高いという考え方です。その結果、徐々にディフェンダーの攻撃参加やフォアードの守備参加の量が増えてきました。
ビルドアップという攻撃を開始する動きがあるのですが、これは昔でいうと中盤の中田英寿選手などが努めて司令塔と言われていた時代から、今は最後尾のディフェンダーからビルドアップを行うようになってきました。
要は昔よりも今の方がサッカーの競技レベルの向上したということです。

このようになってくるとボールのクリアだったり、攻めてきた相手を止めることがメインの仕事だったディフェンダーがテクニックを使って攻撃を組み立てなければいけなくなりましたので、ディフェンダーがより多くのスキルを求められるようになりました。

そして最近さらに進化を遂げて一部の強豪チームがもっと後ろのゴールキーパーからビルドアップを始めるようになっています。
もちろんゴールキーパーの仕事がゴールを守ることだけではなくなりました。
このようにサッカーの競技レベルは日に日に向上しています。

サッカー以外にも、例えば陸上の短距離走などの記録は世界記録も日本記録も日本の各年代別の記録も年々更新されていて、競技レベルが上がっています。

さて、本題です。
先ほどはサッカーについて話しました。色々な競技のレベルが日に日に上がっていますが、私たち一般企業の「経営」「労働」「ビジネスモデル」といった類のものも競技レベルが向上しています。

会社員は会社に労働力(生産力)を与えて、会社は会社員に賃金を与える。このような等価交換をしているというのが、今もまだある一般論なのですが、徐々に変わってきています。
理由の一つに生産効率を追い求めた時代から、創造性やブランド力といったものが別途大事だという時代になったためです。
その結果、上げるのはキリがないのですが、会社員は会社に対して労働力以外にも個人のコネクションやブランド力、ノウハウ、明るい雰囲気などを会社に与えて、一方で会社は会社員に対して経験であったり、スキル、ノウハウ、生き甲斐など多くのものを会社員に与えています。
(前からありましたが、徐々に明確化されてきました)

大事なことはこれだけ多くのパラメータがあるということを認識しておくことです。
これだけ多くのパラメータがあるのにそれに気づかずに昔からある「労働力」と「賃金」だけにしかフォーカスしないのは不利です。
決して、「労働力」と「賃金」の価値が減ったわけではないのですが、その他のパラメータがめっちゃ増えた。もう少し踏み込むと元々あったんだけど明確に認識され出した。
これからもこのパラメータの種類は増え続けるのでそれを的確に捉えないと経営者も労働者も痛い目を見るようになります。

私が目指している会社と会社員の良好な関係は、この等価交換をできるだけ大きいもの同士で行える状態を作り出すことです。
例えば副業可だけだと、相手任せになってしまいますが、推奨として斡旋まで行えるとより大きいものを会社から会社員へ提供できるのと考えていますし、より高いスキルを身につけている会社員ほど大きなものを会社に与えてくれるとも考えています。

パラメータは増え続けますし、もうすでにあるけど私がまだ気がついていないパラメータもあると思うのでこれから発見とその言語化をして、ブログに溜めていこうと思います。
この整理はコロナのおかげというと悔しいですが、私自身としても社会としても急速に進んでいる気がします。

話をまとめると、これからの会社と会社員は「労働力」と「賃金」以外のモノも与え合える時代になってしまったため、労働力(生産力)を与えるだけの会社員と賃金を与えるだけの会社はこれからの時代不利になる。ということです。

株式会社パーソンリンク

株式会社パーソンリンク

渋谷区円山町にあるWeb開発会社。「高機能・短納期」を長所とし開発を行っております。サーバー構築からコンテンツの作成、データの活用方法の提案まで、ご相談頂ければ納得の回答を差し上げることが出来ると確信しております。お見積もり等のご相談はこちらから。